輪の輪工芸美術会

輪の輪工芸美術会へようこそ!

 輪の輪工芸美術会は、新鮮で自由な創作を志す美術工芸家で構成する団体です。

その種目は、伝統的な陶・木・金・染・織・紙・竹・人形などの他、皮・ガラス・タイル・樹脂などの新素材、絵画・造形など多彩です。

 活動は、当会主催の「輪の輪展」「ユニバーサルチャリティー輪の輪会員展」をはじめ、市川市芸術文化団体協議会主催の「文化集会」「天空の文化祭」などに積極的に参加しています。また、各分野の技法などを紹介する「研究会」や「研修旅行」「会員のグループ展」などを実施しています。

 今年度の公募第32回輪の輪展は、10月13日(土)~17日(水)に市川市文化会館地下展示室で開催します。審査は会員全員の無記名投票で公平に行い、一般公募者5名以内に奨励賞(副賞2万円)を授与します。

 当会は、自らの創作活動の充実と発表機会の積極的な提供により、創作者と鑑賞者の底上げを図りたいと考えています。それにより、文化都市市川の実現に少しでも寄与することを願っています。

                    昨年度の展覧会場